調査料金 3時間39.800円👧無料👦探偵の費用安い興信所

浮気調査のタイミング👧3時間無料👦探偵費用安い興信所のおすすめ

ストーカー調査
adobestock 108594522

eb2d921d4d6115c9f69cbc84ad9adf2f 2

アスト探偵事務所の乾と申します。よろしくお願いします。

浮気調査のタイミングについて

浮気調査のタイミング

浮気調査をいつするかのタイミングは怪しいと感じた時がベストなんですが、なかなか行動に起こせないのも事実でしてやはりどれだけの根拠があるかにもよりますし、第一探偵社に調査を頼むとなると100万円はみとかないとなりません。

ですから浮気調査のタイミングは調査する根拠がそろい、調査費用100万円を確保できた時となります。はやく証拠がほしいと思っても物理的なものがそろわないことには浮気調査を依頼するのは基本的に無理なのです。

そういうことで探偵の費用等の問題でご自身で証拠を撮ろうというお考えの奥さんは多いと思います。出来たらいまのタイミングを逃したくないですし、そうかと言って100万円も払えないし、自分でやるしかないとなるわけでそれも理にかなっていると思います。

旦那に浮気を認めさすくらいでしたら旦那のスマホのLINEやメール、電話の記録を写メして見せれば旦那は浮気を認めるハズです。それで浮気をヤメるとか、相手女性に慰謝料請求をもらえるとかは期待はもたない方がいいです。



浮気相手を別れさせる方法です

浮気相手を別れさせる方法

「夫の目を覚ましたい」「浮気をやめさせたい」と悩んでおられる奥さんは多いと思いますので、現役探偵からアドバイスをさせていただきます。

浮気相手に対してはムカムカきてますので直接会って文句を言いたいでしょうが、言ったところで素直に言うことを聞くような相手ではないので気持ちはわかりますが違うやり方で仕返しをする方法を考えていきましょう。

いろいろと書いていきますが全部試してもいいですし、自分に合ったモノで試していただいても構いません。今回披露するのはわたしが今もたくさんの奥さんにアドバイスしてうまくいってる方法ばかりをご紹介いたします。


夫婦で話し合う

浮気相手と別れさせるにはまずは旦那とよく話し合うことが必要です。家族会議を開くのも良いでしょう。夫婦二人ではなかなか話しもできないと思いますのでご両親に相談して中に入ってもらうようにしましょう。その際浮気のことばかりに集中するのではなく家族の生活や子供の将来について話し合ってください。

ソース画像を表示

旦那との話し合いではしっかりと向き合って話しすることが大切になります。旦那の挑発にはのらずに奥さんの話したいことだけに集中してもらい旦那が離婚したいと言っても「離婚する気持ちはないこと」をしっかりと伝えましょう。奥さんの固い決心が旦那に伝わればまずは成功です。あとはどうしたら修復できるのかについて旦那に意見を求めて考えさせるようにもっていきます。

旦那はそれでも「離婚したい」「別れてほしい」と言ってくると思いますが今日は家族としてどうしたらやり直せるかの話し合いだからと言い切ってもらえばいいです。それについては旦那も抵抗するかも知れませんが旦那に条件を考えさせるように持っていきます。

旦那が修復の条件を出してさえくれば大成功です。考えとくと言ったら仕方がありませんがいつまでと確認だけはしてください。要するに家族会議では夫婦の修復をどうしたらできるかの話し合いをしてもらいたいのであって、旦那を痛めつける場ではありませんからその辺だけはよく理解しておいていただきたいです。

夫婦でしばらく話し合っていなかったと思いますのでいろいろ言いたいこともたくさんあるかとは思いますが、あまり話しがバラバラになると収拾がつかなくなってせっかくの話し合いがおじゃんになってしまいますのでご注意ください。

奥さんの気持ちを伝える

話し合いでは奥さんの気持ちをしっかりと旦那に伝えるようにすることが大切です。「やり直したい」「戻って来てほしい」とハッキリと旦那に伝えましょう。中途半端にどちらともとれるような話し方は禁物です。奥さんのハッキリしたメッセージを旦那に伝えるのが話し合いの一番重要な目的なのです。好きでもないし嫌いでもないというようなメッセージでは旦那の心は動きませんから好きなら「好き」とハッキリ伝えるようにしましょう。

奥さんの気持ちが旦那に伝わりさえすれば大成功です。自ずと改善の道が見えてくるのがその話し合いの後半にはわかってきます。そうでない場合はまだまだ奥さんのメッセージが足らないので強調してもらわないとならないかもしれません。すべては奥さんのメッセージ次第になります。

子供の将来の話しをする

子供さんがいらっしゃる場合は子供さんの将来について話しをすることも大切なポイントです。①と②の話し合いがほぼ片付いてあとは旦那の返答待ちとなりましたら、次に子供さんの将来についての話しに幅を広げていきます。夫婦は奥が深いですので分かり合うのも時間がかかりますが、子供さんの話しは夢も伴なわせ広げられるだけ大きく広げましょう。

子どさんには奥さんの夢も一緒に合わせて合算で話しされればいいです。旦那もその話しははじめて聞く話しでしょうから旦那が興味を示せば成功です。旦那の子供さんに対する考え方があるのならその時に話しを出すでしょうしそうなれば成功です。要するに話し合いの次のステップは子供さんで話しを膨らませて旦那の目を覚まそうとするのです。

子供さんの将来の話しをできるのであれば夫婦としてまだまだやっていける証しです。自信をもってもらえたらと思います。すぐさま旦那の回答には期待はできませんが①と②と今回の③で奥さんのメッセージはすべて旦那に伝えたことになります。あとはご両親からの話しもそえてもらえばキレイなストーリーとなります。ここまでの時間はとても長く感じられたと思いますしまたお疲れにもなられたでしょう。お疲れさまでした。

あとは旦那からの返答待ちにはなるかとは思いますが、言うこと言いましたし話すことはすべて話されましたでしょうし、旦那には伝わったハズですから旦那の誠意ある態度に期待してしばらくお待ちください。旦那から近いうちに返答があります。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7_Tip_Belanja_Sehat_untuk_Bunda.jpg

別れさせる,5つのステップ

旦那と話し合ったが、旦那からは良い返事がなく尚且つ浮気相手と別れる気配が感じられないのであれば次のを方法を用いていきます。こちらは旦那だけではなくて浮気相手も対象とするやり方になります。どうするかと申しますと、旦那と浮気相手をいろいろな方法で追い込んでいきます。この際、きっちりと片を付けたいとお考えの奥さんにはおすすめです。

浮気相手と別れさせるさせる方法です。

  • 内容証明郵便
  • 誓約書
  • 職場に相談
  • 双方の親に相談
  • 慰謝料の請求

これらの方法は、旦那と浮気相手にはかなり効果がありますのでおすすめです。

詳しく見ていきましょう。

内容証明郵便

浮気相手に対し「夫とは今すぐに別れてほしい」という書面を郵便局の「内容証明郵便」で送付するという方法です。これは弁護士を通さずしてもご自身で送付は可能です。
浮気相手は「浮気は奥さんにバレてない」と思っていますから「すでに浮気はバレている」と浮気相手に警告をします。

内容証明郵便を送付することにより、浮気相手へ「浮気はバレている」と戒めることが出来るのです。そうすると浮気相手は「訴えられるかもしれない」と精神的に追い込まれることになります。

内容証明郵便のメリットは浮気相手を動揺させて話し合いの場に呼び出して「旦那と別れさせるための交渉」へと導ける効果が期待できますのでおすすめです。

誓約書

内容証明郵便で浮気相手を話し合いの場に呼び出せたら、浮気相手に「今後二度と夫とは浮気はしない」と意思表示をさせます。話し合いが終わりましたら浮気相手には「誓約書」を書かせます。書かせた「誓約書」は浮気相手にとってかなりの打撃になりますのでおすすめです。

浮気相手が「誓約書」の意に反して旦那と浮気を繰り返した場合には、浮気相手に対して慰謝料の請求ができますし、「不貞行為」の慰謝料額も高くなるというメリットもあります。
浮気相手が「内容証明」を受け取った時点で浮気相手は「不貞行為」の慰謝料請求されるリスクがあるわけでして、話し合いの場にさえ出てくれば「誓約書」を浮気相手に書かせて有利に交渉できるというわけです。

浮気相手が「誓約書」を書いたならば、旦那との関係に水をさすこともできて精神的にもかなりのストレスを与えることができますのでおすすめです。

職場に相談

浮気相手と旦那の関係が双方の勤務先の社内で起こったとしたならばその会社に相談することも非常に有効な方法ですのでおすすめです。

この際もまずはその会社の代表者あてに「内容証明郵便」を送付します。いままでの事情が分かるように記載し「浮気相手にわかれるように協力をお願いします」と要請をするのです。
直接その会社に乗り込む奥さんも見受けますが、会社に乗り込むのは会社の業務に迷惑をかけることになるかもしれませんのでヤメた方がいいです。
会社から忠告を受けてしまいその後の対応に支障がでる恐れもありますので会社へ乗り込むのだけはお控えください。

旦那の友人や会社の同僚や上司、また奥さんの相談できる人が旦那の会社におられるのならば、その人に相談するという方法もありますので年賀状などを確認してどの人が適当か考えてみます。
「会社に相談されてる」ということがわかれば旦那や浮気相手はその関係を続けて会社に存続するのは難しくなりますので二人は別れるしかなくなります。「旦那と浮気相手がそんなことをしてる」と社内の人らに知れたら、二人は社内から冷ややかな目で見られますので別れるしかなくなりますのでおすすめです。

浮気相手は会社にバレないようにこそこそと動いてますのでそれをガツンといけば、浮気相手の行動を止めることができるのです。旦那も今まで見たいなわけにもいかずにやりにくくなってきますから双方の関係に水を差すにはベストな方法となりますのでおすすめです。

両家の親へ相談

今回の浮気の問題を両家の親に相談して問題解決していくやり方になります。このやり方には奥さんから旦那の実家に連絡するよりは奥さんの実家から旦那の実家へ連絡してもらうようにします。奥さんが旦那の実家へ相談しても「あんたらのことやから、あんたらでなんとかしなさい」と言われるだけです。しかし奥さんの実家から連絡が来れば旦那の実家も無視はできません。この点にはご注意いただきたいと思います。

「親に浮気してることが知られた」と旦那に思わせることも浮気をヤメさせるには良い方法となりますのでおすすめです。

慰謝料の請求

浮気相手に「内容証明郵便」を送付したり「誓約書」を書かせたのに、まだ浮気相手が旦那と関係を続けてている場合には浮気相手に対して「慰謝料」の請求をします。
旦那には「慰謝料」の請求はせずに浮気相手に対してのみ「慰謝料」を請求することによって、浮気相手への精神的な圧力は非常に高くなります。「わたしにだけ請求された」と浮気相手を精神的に追い込むことができますので効果は抜群ですのでおすすめです。

浮気相手が「慰謝料」を払わなくても、旦那との関係を断ち切るのであればそれで目的は達成されるわけですから「慰謝料」の請求をしないという選択肢はないでしょう。この場合の「慰謝料」の請求金額は相場より高めに請求された方が効果は上がります。
なお、浮気の慰謝料相場は100万円〜200万円ですのでこの時点での請求金額は400万円~500万円を設定されても問題はありませんしその方が効果が高いのでおすすめです。


やってはいけないこと

浮気相手を旦那と別れさせるためにこれだけはやってはいけないということもあります。大きな問題やトラブルになったり名誉棄損で訴えられたりする可能性もあるので十分に注意しましょう。
それではやってはいけないこととはどんなことなのかをみていきましょう。

別れさせ屋

別れさせ屋という会社が存在します。その会社を使って浮気相手を旦那と別れさせるというのも現実的に存在します。
別れさせ屋の基本的な手口は浮気相手に異性を近づけて浮気相手の気持ちを近づいた異性に向けさせて旦那とは別れさせるというものです。

しかし、現実には難しく時間もお金もかかりますし別れさせ屋の手口は法律に違反している場合もありあとでトラブルになったりしますのでおすすめはできません。
効果も期待はそうできませんし料金も100万円前後としますので、そんなお金を使うのなら探偵社に浮気調査を依頼して浮気の「証拠」を撮ってもらった方が絶対にお得です。
別れさせ屋の仕事ぶりはわたしも何回も見て知ってますがあれでは浮気相手の浮気心に油を注ぐだけになります。さらによけいややこしい話しになるだけです。

SNSへの書き込み

浮気相手への恨みや憎しみが増してきてSNSなどに名指しで書き込みたいと思われるかも知れませんがこれは絶対にやっていけません。
これは浮気相手の社会的地位を貶める行為でして、逆に名誉毀損で浮気相手から訴えられてしまう可能性すらあります。

また、職場に乗り込むような行為も名誉毀損に該当する可能性がありますので絶対にしないようにしましょう。逆に浮気相手から名誉棄損で訴えられないようにしないといけません。よく考えて行動するようにしましょう。

慰謝料請求をするなら浮気の証拠が必要

浮気相手を旦那と別れさせるにあたっては「慰謝料」の請求するという方法は一般の人でもよく知られている方法です。かなり効果も期待が出来ますし「慰謝料」だってもらうことが出来ますが、それには浮気相手が旦那と「不貞行為」してるとわかる「証拠」が必要になります。裁判所はその「証拠」に基づいて浮気相手に対して「慰謝料」の支払いを命じます。

浮気相手に対して「慰謝料」の請求をお考えならまずはきちっとした証拠集めから始めましょう。

探偵社に浮気調査を依頼する

浮気してるものは「もし浮気の証拠を撮られたらどうしよう」とか「慰謝料請求されたらどうしよう」とか不安になるものです。慰謝料の請求は法的手段として国が認めてますので地方裁判所で審議されますので浮気相手や旦那もたまったもんではありません。会社にでも知られたら大変なことになりかねませんし社会的な目も二人を許してはおきません。しかし「不貞行為」の「証拠」も無しには「慰謝料」の請求自体ができませんので予めご理解いただきたいです。

よりを戻しても慰謝料は取れる

浮気相手を旦那と別れさせることができたとして、その後も様子を確認したらまたよりを戻したというケースには浮気相手に対して「慰謝料」の請求ができます。この場合、前途で述べたように浮気相手が旦那と「不貞行為」をしてるとわかる「証拠」が必要になります。

証拠はご自身でも集めるのは可能ですがそれなりのリスクも伴いますので、その場合は最寄りの探偵社に相談されることをおすすめします。その場合はご「予算」を決めて調査をしてもらう日を予め用意される方が費用も抑えられるのでおすすめです。


調停を申し立てる

浮気相手を旦那と別れさせるための最終手段が「調停」になります。
調停をすることによって浮気が完全に公になりますし浮気相手や旦那にとっては最大限の精神的な圧力をかけることができるので効果を発揮する可能性が高いでしょう。

また、それでも二人が別れないのであれば、奥さんも諦めがつくかもしれません。

別れさせるための最終手段の「調停」について詳しく説明していきます。

調停

調停とは裁判所を交えて交渉を行うことです。慰謝料請求をしても浮気相手と旦那が別れない場合には調停によって慰謝料請求を行うことにより、浮気相手が精神的な圧力を感じて旦那と別れる可能性が高くなります。
慰謝料請求をめぐる調停は一般的に「慰謝料」の金額を争うために行われるものですが慰謝料請求を名目に「調停」を用いることも可能ですのでおすすめです。

そして一般的には「調停を欠席することはできない」とされてますので浮気相手が交渉に応じない場合などには、「調停」を申し立てることによって浮気相手を半ば強引に交渉の場に引きずり出すことが可能になるのでおすすめです。

浮気相手への圧力になる

調停は裁判所での交渉ですので浮気相手にはかなりな圧力になるのは間違いありません。
裁判はすべての記録がオープンになりますので浮気相手にとっては「裁判になってまで旦那との関係を続けたくない」と思いますし、少なくとも精神的にもかなり不安定になるのは間違いありませんので、二人の関係に水をさすことができますのでおすすめです。

不貞行為の「慰謝料」を請求するという名目で「調停」を申し立て「別れるのであれば和解する」とすることで「調停」を浮気相手と別れさせる方法として用いることができますのでおすすめです。
そしてここまで行っても浮気相手と旦那が別れないのであれば別れさせる方法は現実的にはほとんど無くなります。

浮気相手は「裁判になっても別れない」という強い意思を固めているということなので相場よりも高い「慰謝料」を請求して「離婚」するという方法も検討するべきかもしれません。

まとめ

浮気相手と別れさせるためにはある程度の戦略を練るのと機会を伺う必要があります。
浮気相手に対する怒りによって感情的になってしまうものかもしれませんが、感情的になるのは控えるようにして冷静に対応していきましょう。

旦那との話し合いでは修復の考えを伝えて子供の将来の話しをすることをおすすめします。
また、浮気相手に対しては「内容証明郵便」や「慰謝料請求」と「職場へ相談」するのも浮気相手への精神的な圧力なりますのでおすすめです。

浮気の「証拠」がもし必要だとお考えならば下記に「浮気調査」について詳しく記載していますのでご参考にしてください。浮気相手に負けないで頑張っていきましょう。


浮気調査の説明です


浮気調査の「料金」は、依頼者の相談内容から調査期間や調査時間、調査員の人数、車両や交通費、撮影機材、GPSの使用の有無などにより取り決められます。基本的には1日5万円~15万円が相場とされております。

相場に開きがありますのは探偵各社の経費のかけ方の違いが料金の違いになっています。広告費や事務所経費、下請けの利用や外注の利用などで大きく変わってきます。基本的には自社で調査してる探偵社が料金はシンプルになっています。


浮気調査の説明

  • 無料相談
  • 見積書
  • 調査の概要
  • 調査の事例
  • 調査の相場

無料相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 10118-1.jpg

探偵社へ「無料相談」をされる場合には予め要点をまとめておく必要があります。まずは現在の状況と調査を依頼する意図です。浮気調査ならばその浮気相手に心当たりがあるのか、相手の名前や自宅、勤務先などがわかっているのかそれともまったくわからないのかを探偵社に伝えます。

探偵社の相談員が女性なら相談するだけ無駄です。女性は現場のことがまったくわかりませんしマニュアル通りの返答しか返ってきません。概ね調査料金の説明に集中しますし探偵社の事務所に相談にくるように促されるだけです。結局何の相談にもならずに時間の無駄なだけです。

相談するならば現場を熟知してる「プロの探偵」が一番だとはおわかりいただけると思います。現場も一度も出たことのない女性や事務職の男性にいくら相談したとしても親切に話しはしてくれるとは思いますがその分料金は高いわりに成果はそう期待できません。


見積書

ソース画像を表示

探偵社に「見積書」を依頼する場合は簡易的な調査なのか、裁判で使う「証拠撮り」の調査なのかをハッキリ伝えて自身で決めてる「予算」を伝えるようにします。予算も決めてなければいくらでも高い見積書を作られるだけです。ポイントは予算を決めておくということが大事です。

浮気調査をする根拠がどの程度あるかにもより調査の期間や時間数も変わってきますので予めまとめておきます。その内容を元に「見積り」をしてもらうのが一番良い方法です。浮気調査の根拠が無いとか少ない場合は「見積金額」はおおよそとなりますから通常よりも割高になってきます。

探偵ランキングサイトでは「一括見積り」をすすめていますが、便利ではある代わり先に述べた浮気調査の根拠を把握して見積りをしてませんのでかなり割高になっています。きっちりした「見積り金額」がほしいのなら状況をよく説明し「浮気調査」の根拠を示す必要があります。

あと「見積書」をもらったら中身をよく精査して「無料相談」で話した内容が折り込まれてるかや調査期間や時間数、調査員の人数、車や交通費、カメラやGPSの費用、報告書作成費、諸経費などが含まれていて金額におかしな点が無いのかと追加料金が発生しないのかをよく確認します。


下記が浮気調査で発生する可能性のある費用の項目です。

調査費用:浮気調査にかかる調査員の人件費
機材:GPSのレンタル費用等、機材を利用した際にかかる費用
メディア代:ビデオテープ、DVD、写真にかかる費用
車両:車移動が発生する際における車両利用費
ガソリン:車移動で使用した分のガソリン代
高速代:尾行の際に高速道路を使用した際にかかる費用
交通費:電車・バス・タクシーでの移動が発生した際にかかる費用
報告書作成料:調査報告書の作成にかかる費用
成功報酬:浮気調査が成功した際の探偵事務所へ支払う報酬
その他実費:上記以外に実際に調査でかかった実費(例:有料施設の入館料・入園料)


調査の概要

浮気調査の目的

浮気調査の一番の目的は「浮気の実態を掴むこととなります。 そのため事実の確認と情報収集する調査でして浮気の疑いだけでは不安な気持ちがずっと続きますので浮気の事実が確認と同時に「証拠」を確保することができれば、今後どうするべきかを考えられるようになります。 また浮気の「証拠」を元にご主人とも話し合うことができますし、場合によれば浮気相手の女性に「慰謝料」請求もできますのでおすすめです。

  1. 浮気の証拠を掴んだら、夫に浮気を認めさせて反省してもらいたい
  2. 浮気の証拠を掴んだら、夫が有責配偶者であることを証明して離婚したい
  3. 浮気の証拠を掴んだら、夫と浮気相手に慰謝料を請求をしたい

などがあげられます。


浮気調査を利用した経験のある女性のデータ

ソース画像を表示

浮気調査の相談に来られた女性から集計した独自アンケート


アンケート結果では、夫の「浮気調査」をする目的で一番多いのが「浮気かどうか確かめたい」です。夫の浮気に気がついたとき、男性に比べると女性はすぐに浮気していることを問いただす、質問するという傾向が多く見受けられます。しかし、それでははぐらかされたり、ウソをついて真実が何かが分からないままになってしまうことがあるのです。このようなことから、まずは本当のことを知りたい、事実を確認したいという方が多いのかもしれません。そのようなケースには「浮気調査」がおすすめです

浮気調査の方法

浮気調査は基本的には「尾行」と「張り込み」によって対象者の行動を逐一監視し「不貞行為」に及ぶ際には写真や動画を撮ります。「不貞行為」は一般のホテルやラブホテル、浮気相手の自宅やマンションなど対象者によって異なるためその内容に合わせて「調査方法」や「撮影方法」などを工夫して行われます。また、浮気を疑われていることを知っている対象者の場合は警戒している可能性があるので現場の調査員を増員し、対象者に気付かれないようにして調査を行います。

対象者を尾行するメリット

・浮気をした日時と場所
・浮気相手の名前と住所
・肉体関係があったかどうかの確認

などを明らかにすることができます。しかし「尾行調査」を行うには調査対象者に気づかれないようにの周囲の状況や人の流れに注意しなけれななりません。

周囲の状況に合わせて適切な距離を保ちながら、気づかれないように注意しつつさりげなく調査対象者のあとを追います。また同じ調査員が長時間尾行していると対象者に気づかれる可能性が高くなるため最低でも2人のチームで行います。


調査の事例

夫が浮気をしてるかを確かめたい

スマホを見る女性 に対する画像結果
  • 帰宅後すぐにコンビニへ買い物によく出かけるようになった
  • 休日出勤が増えたにもかかわらずさほど給料が上がらない
  • 会社の飲み会を理由に帰りが遅い日が増えた
  • 車の助手席の位置が頻繁によく変わっている
  • トイレやお風呂へ行くときも携帯電話を肌身離さない
  • 外出中は連絡がとれないことがよくある


浮気相手に慰謝料を請求したい

離婚裁判 に対する画像結果
  • 浮気相手の住所や勤務先ををつきとめたい
  • 夫が浮気相手のことをかばうので一切何の情報がない
  • 浮気相手も既婚者なので相手の夫にも浮気の事実を伝えたい
  • 浮気相手の支払い能力を確認しておきたい


離婚を有利に進めるために証拠が欲しい

ソース画像を表示
  • 裁判離婚の場合、裁判に通用する証拠が必要だと弁護士に言われた
  • 離婚するのできるだけ多くの慰謝料が欲しいので証拠が欲しい
  • お互いの両親に離婚原因を説明するための証拠が欲しい
  • 夫が断固として浮気(不貞行為)を認めようとしないので証拠が欲しい


浮気調査でわからないこと

ソース画像を表示


調査の相場

浮気調査料金の取り決め

浮気調査の「料金」は、調査を行う期間や時間数、調査員の人数、車両や撮影機材などの有無によって異なります。一般的に浮気調査を依頼される方は、調査期間3日間~1週間が多いといえます。事前に浮気をしている曜日や時間帯などが分かっているのであれば、比較的費用は抑えられますが、日頃からどこで何をしているか分からないといった場合は、調査時間を多めに設定することで費用はそれなりにかかると考えるべきでしょう。費用を抑えたいならば調査日時を絞られることをおすすめします。

ソース画像を表示

料金の相場

浮気調査の料金幅は、30万円~100万円程度とお考え下さい。料金の幅が広い理由は、相手の浮気の状況が単純な場合と複雑な場合によって調査の規模や方法を凝らす必要があったり、難易度の高い調査である場合は料金が高くなる傾向にあるからです。また調査期間が長いほど料金は増えていくため、あらかじめ浮気をしていると思われる日時を特定しておくと必要最低限の料金で依頼ができるということになりますのでおすすめです。

豆知識

浮気調査の料金は、全国の探偵・興信所においてはさまざまな料金設定になっております。それは探偵・興信所では調査料金の統一がなされていないためです。同じ「浮気調査」を依頼するのに探偵・興信所によって料金の差が生じるのはなぜでかと申しますと。それは、それぞれの探偵・興信所の広告宣伝費や人件費のかけ方であったり、調査料金のシステムの違いによるものだといえます。浮気調査3万円~とか50万円~とかいう料金設定などがあります。、どちらも「浮気調査」を売りにしてる探偵・興信所の料金です。しかし、サービス内容が伴なってなければ、どちらにも問題があるといわざるを得ません。大切なのは、必要な情報や裁判で通用する証拠を確保するために、納得のいく料金で依頼することをおすすめしております。
ソース画像を表示

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ic18121801-1.png

コメント

👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
タイトルとURLをコピーしました