👧浮気相手は取引先の女性:弁護士との相談を通じて、最良の選択を見つけるのが重要です。🤭|アスト探偵事務所

無料相談

お役立ち情報

Useful information

探偵「お役立ち情報」です。長年積み上げてきました浮気調査を基にしたブログです。何かでお悩みならば参考にしてください。アスト探偵事務所相談無料です。🤭

👦アスト探偵事務所

Asto Detective Agency

👦2023年10月21日最新ブログです。

アスト探偵事務所の乾(いぬいと申します。よろしくお願いします。

My name is Inui from the Asto Detective Agency. Thank you.


例えば

旦那の浮気について。
長文になります。

結婚5年目、生後6ヶ月の娘が1人います。
今年の年明けに浮気に気付き、先日やっと証拠となるLINEの履歴と写真を入手できました。
浮気相手は旦那の取引先の女性で、私の友達の友達です。
実は結婚する前もその女性と浮気をしていたので、結婚した際に「次同じような事があったら法的に対応する」と伝えていました。

それからは、怪しいと思いながらもその女性とは何もないと信じ結婚生活を続けてきました。

娘が生まれた際、田舎なので生まれ事を新聞に載せる事が出来るのですが、載せてくれませんでした。
これは怪しいと思い、旦那の会社の携帯を見るとその女性との履歴が残っていました。

私も慣れない育児のため冷静になれず、旦那の会社の携帯で電話をしました。
私だと分かるとすぐに電話を切られましたが、丁度娘が泣いてしまい、相手に子供がいる事は伝わりました。
それから何度か私の携帯から電話を掛けたりSNSでメッセージも送りましたが、返事をくれることはありませんでした。
証拠を集めようと、必死に我慢して約半年、やっと旦那の携帯から証拠を集める事に成功しました。

どうやら結婚したあともずっと関係は続いていたようです。
様々な所へ旅行に行き、週に1度の県外出張もその女性と泊まっていたようです。
(ワンナイト的な女の子遊びもありました)
男友達に迎えに来させて私を安心させ、浮気旅行にも行っていました。
私から連絡がきた事もあえて無視しよう、ブロックしようと話していたり、子供の事は俺の子じゃないと言っていたり、本当に悪質です。

旦那の母親を呼び話し合いをしましたが、双方から離婚はしないで欲しいと言われました。
ただ相手への慰謝料請求や、私が浮気相手と話すのは絶対ダメだそう。
それは相手女性が優良取引先の女性だからです。相手の会社から旦那の会社に伝わって、降格か退職になる可能性があるそうです。娘の為に今の収入が減るのは困るから大事にしないでくれと頼まれています。

私は娘の為に離婚はしたくないのですが、最悪離婚になっても良いかなと思っています。

旦那の収入が減る事は結婚生活を続けるにしても、離婚して養育費をもらうにしても、困る事は理解しています。
ただ、旦那の事だから別れたと言って、しばらく大人しくしてまた再開するのではと思っています。

旦那は相手とは別れて私に財産を預け、給料も全部渡し、GPSを付けて構わないと言っています。

都合の良い事を言って浮気を続けている旦那は悪いです。
ただ結婚してる事も子供がいる事も知っている上で関係を続けている相手女性も悪いと思います。

女癖が悪いと知った上で結婚したのは私ですが、ちょっとした浮気なら良いと思ってました。ただ今回は、悪質すぎて許せません。

私の怒りのままに慰謝料請求する事は、離婚するしないに関わらず今後の生活の為にやめた方が良いのでしょうか?
旦那のお願いを全て聞き、娘のために慰謝料も請求しない、相手女性とも話をしないで結婚生活を続けるしかないのでしょうか?

補足
知り合いの弁護士に相談しています。

相手女性が会社に言わなきゃ良いだけの話で、私と旦那と相手女性の問題だからと合意書を取り交わす事を提案をしてくださいました。
損害賠償請求や、今後会わない事、口外しない事等が書かれています。
それでも旦那は会社絡みの大事になるから合意書もダメだそうです。

弁護士からは旦那の場合悪質だから、合意書がダメなら慰謝料請求した方が良いと言われています。(費用は驚く程の格安でやってくれます)

アドバイス

こんにちは、私はアスト探偵事務所の乾(いぬい)と申します。おっしゃる通り、状況は複雑で難しいものです。浮気や不貞行為は感情的に非常に困難な問題となります。ここでいくつかの観点を考えてみましょう。

●子供のこと

子供のために最善の環境を提供することが大切です。離婚する場合、養育費や親権についての計画が必要です。ただし、親権の問題や離婚が子供にどのような影響を及ぼすかを検討する必要があります。

●法的アドバイス

弁護士に相談するのは正しい選択です。彼らは法的な側面に詳しいため、慰謝料請求のメリットやデメリットを説明してくれるでしょう。また、合意書や法的手続きについてアドバイスをもらうことも重要です。

●経済的側面

経済的な側面も考慮しなければなりません。離婚に伴う財産分与、養育費、生活費などを計画する必要があります。

●信頼回復

もし結婚を続ける決定を下す場合、信頼を回復するための努力が必要です。夫婦間のコミュニケーションやカウンセリングを検討し、関係を修復するために協力することが重要です。

●安全性

あなたと子供の安全性も最優先です。浮気や不貞行為が暴力や脅迫につながる可能性がある場合、警察や保護の手段を検討する必要があります。

最終的な決定はあなたと旦那様が共に行う必要があります。感情、家庭状況、経済状況などをよく考え、信頼できる専門家や弁護士と協力して決定するのが良いでしょう。どの道を選び、最良の方法で進むことを願っています。

状況をよく把握し、信頼性のある弁護士との相談を通じて、最良の選択を見つけるのが重要です。どんな選択をするにせよ、あなたとあなたの家族の幸福が最優先されるべきです。何かサポートが必要な場合は、いつでも相談してください。お力になれることがあれば幸いです。あなたの幸福を願っています。頑張ってください!🤭

アスト探偵事務所の乾でした。


アスト探偵事務所なら

無料お試し調査+無料のサポート=赤字にならない。

問題解決するまで、無料サポートします。

初めて奥様最適


以上、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。🤭

thank you very much.


アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

Location 〒540-0025 Tokui Building 303, 2-2-14 Tokuicho, Chuo-ku, Osaka

電話番号 06-6809-5214 FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

重要事項説明書

Important matter manual

公安委員会 

Public Safety Commission

第62130955号

No. 62130955

アスト探偵事務所は、公安委員会より正式に探偵事務所の営業許可をいただいております。日本全国の方から相談・依頼を受けられます。浮気調査、素行調査、行動調査、身元調査、身辺調査、結婚調査、人柄調査、信用調査、勤務先調査、行方調査、人探し調査、住所特定調査、盗聴器・盗撮器の発見、ストーカー調査、いじめ調査、トラブル調査をさせていただくことが出来ます。

The Asto Detective Agency has been officially licensed to operate as a detective agency by the Public Safety Commission. You can receive consultations and requests from people all over Japan. Infidelity investigation, background investigation, behavior investigation, background investigation, personal background investigation, marriage investigation, personality investigation, credit investigation, workplace investigation, whereabouts investigation, person search, address identification investigation, detection of wiretap/camera device, stalker investigation, We can conduct bullying investigations and trouble investigations.

コメント