👧夫の浮気から再構築中です!:具体的なアドバイスとしては、以下の点を考慮してみてください。🤭|アスト探偵事務所

無料相談

お役立ち情報

Useful information

探偵「お役立ち情報」です。長年積み上げてきました浮気調査を基にしたブログです。何かでお悩みならば参考にしてください。アスト探偵事務所相談無料です。🤭

👦アスト探偵事務所

Asto Detective Agency

👦2024年05月22日最新ブログです。

アスト探偵事務所の乾(いぬいと申します。よろしくお願いします。

My name is Inui from the Asto Detective Agency. Thank you.


例えば

旦那の浮気から再構築中の妻です。
浮気相手が既婚者だったことと、苗字(旧姓なのか今の姓なのかは謎)と下の名前の平仮名しかわからなかった為慰謝料請求せずに終わりました。でも時間が経つにつれ、やはり浮気相手にだけでも請求した方浮気が再開する可能性が低くなったり、お互いしっかり反省するのではないか?と悩み始めました。

ここで聞きたいのは、
相手が既婚者で主婦の場合、やはり1人で解決する可能性より自分が浮気してしまった事実を配偶者にさらけ出してでも相談しますか?
相談されるとこちらの家庭からも旦那の慰謝料が発生して結局、最悪だなと。

また、名字と、下の名前(ひらがな)だけでは、弁護士会照会で依頼しても相手を特定できる可能性は低いですか?

結局のところ、再構築をするならば、今後の夫婦関係のため慰謝料は、請求しないほうがいいですか?🥶

補足
旦那が慰謝料から逃れるために今一旦再構築を望んでいるとして、数年後に離婚を切り出された場合、3年経ってしまうとやはり、旦那にも慰謝料を請求するのは無理ですよね?
わかるところだけでも大丈夫ですのでお答えいただけるとありがたいです
今の私の状況から、こうしたほうがいいよ。などのアドバイスあればください(>_<)

アドバイス

こんにちは、私はアスト探偵事務所の乾(いぬい)と申します。浮気から再構築中の状況でのお悩み、本当に大変ですね。まず、心情的に慰謝料を請求しないという決断をされたのは理解できます。しかし、その後の不安や再発防止について考えるのは自然なことです。

浮気相手が既婚者である場合、相手の配偶者にもその事実を明らかにすることで、再発を防ぐ可能性もあります。ただし、その際には相手の配偶者との関係性や、浮気の経緯、そして将来的な夫婦関係への影響など、慎重に考える必要があります。配偶者に対して素直に事実を伝えることで、信頼関係の再構築につながる場合もあれば、逆に関係が悪化する可能性もあります。そのため、話し合いの前に自分の気持ちや相手の心情をしっかり整理し、冷静に判断することが大切です。

名字と下の名前の平仮名だけでは、特定するのは難しいかもしれません。弁護士会に相談しても、十分な情報がない場合は特定できない可能性があります。しかし、相手が特定できないからといって、慰謝料を請求しない方がいいかどうかは、状況や個々の価値観によって異なります。

再構築をする場合、慰謝料を請求するかどうかは、その後の夫婦関係や信頼関係にどのような影響を与えるかを考えて判断する必要があります。お互いが真剣に反省し、再発を防ぐための努力をするのであれば、慰謝料を請求しない選択もあり得るでしょう。ただし、再発のリスクや不安が残る場合は、慎重に話し合い、適切な解決策を模索することが大切です。

ポイント

慰謝料の請求に関して、法律の定める時効(時限)が関係してきます。一般的に、民法では債権の時効が3年間とされています。つまり、浮気行為から3年以上経過した場合、慰謝料の請求が困難になる可能性があります。

現在、再構築を望んでいる状況であっても、将来的に離婚を切り出される可能性があるというのは、懸念すべき点です。特に、旦那が慰謝料を逃れるために再構築を進めているという事実があるならば、将来的に離婚が起こる場合に備えて、慰謝料請求の時効についても考慮する必要があります。

ですが、具体的なアドバイスとしては、以下の点を考慮してみてください。

●夫婦関係の再構築を本気で望んでいるかどうかを見極めること

旦那の本心や再発のリスクを見極め、再構築が本当に成立する可能性があるかどうかを慎重に考えることが重要です。

●法的なアドバイスを受けること

弁護士に相談し、具体的な状況や法的な観点から、将来的な慰謝料請求の可能性や時効の問題についてアドバイスを受けることが重要です。

●将来的なリスクを考慮した行動を取ること

再構築を進める場合でも、将来的なリスクを考慮し、適切な対策を講じることが大切です。慰謝料請求の時効を回避するためには、再構築中でも必要な手続きや文書の作成などを検討することが重要です。

以上の点を考慮しながら、今後の行動を検討されることをお勧めします。
困難な状況にある中で一人で悩んでいるのは本当に大変ですね。でも、今はアドバイスを受けることで少しでも前進できると思います。何かお力になれることがあれば、いつでもお手伝いしますので、お気軽に相談してくださいね。一歩ずつですが、きっと前に進めます。頑張ってください!🤭

アスト探偵事務所の乾でした。


アスト探偵事務所なら

無料お試し調査+無料のサポート=赤字にならない。

問題解決するまで、無料サポートします。

初めて奥様最適


以上、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。🤭

thank you very much.


アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

Location 〒540-0025 Tokui Building 303, 2-2-14 Tokuicho, Chuo-ku, Osaka

電話番号 06-6809-5214 FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

重要事項説明書

Important matter manual

公安委員会 

Public Safety Commission

第62130955号

No. 62130955

アスト探偵事務所は、公安委員会より正式に探偵事務所の営業許可をいただいております。日本全国の方から相談・依頼を受けられます。浮気調査、素行調査、行動調査、身元調査、身辺調査、結婚調査、人柄調査、信用調査、勤務先調査、行方調査、人探し調査、住所特定調査、盗聴器・盗撮器の発見、ストーカー調査、いじめ調査、トラブル調査をさせていただくことが出来ます。

The Asto Detective Agency has been officially licensed to operate as a detective agency by the Public Safety Commission. You can receive consultations and requests from people all over Japan. Infidelity investigation, background investigation, behavior investigation, background investigation, personal background investigation, marriage investigation, personality investigation, credit investigation, workplace investigation, whereabouts investigation, person search, address identification investigation, detection of wiretap/camera device, stalker investigation, We can conduct bullying investigations and trouble investigations.

コメント