👧相手は職場の同僚です!【夫の浮気】:相手に対して法的手段を取れるかもしれません。🤭|アスト探偵事務所

無料相談

お役立ち情報

Useful information

探偵「お役立ち情報」です。長年積み上げてきました浮気調査を基にしたブログです。何かでお悩みならば参考にしてください。アスト探偵事務所相談無料です。🤭

👦アスト探偵事務所

Asto Detective Agency

👦2024年03月23日最新ブログです。

アスト探偵事務所の乾(いぬいと申します。よろしくお願いします。

My name is Inui from the Asto Detective Agency. Thank you.


例えば

旦那に浮気されました。
相手は職場の同僚です。
いやらしいLINEや、性的類似行為をしています。LINEのトーク履歴に証拠があります。
私は育休中で、1歳に満たない子どもを育てています。そして私も同じ職場な為、浮気相手との面識はあります。

旦那とは、離婚する予定はありません。
これから償って頂きます。

知りたいのは、浮気相手にどこまでの責任をとらせることができるのかです。
私も色々と調べましたが、知識不足なため、詳しく教えてくだされば助かります。よろしくお願いします。

補足
わたしの希望は、以下です。

・異動、退社してもらう
・慰謝料払ってもらう
・謝罪と、今後このような事があればまた慰謝料を払いますという一筆を書きてもらう

可能なことはありますでしょうか?

アドバイス

こんにちは、私はアスト探偵事務所の乾(いぬい)と申します。まず、私は法的な専門家ではないため、提供する情報は参考程度に留め、実際の法的アドバイスは弁護士に相談することをお勧めします。日本の法律は複雑で状況によって異なるため、個々のケースについては専門家の助言が必要です。

一般的に、浮気相手に法的責任を問うことは難しい場合が多いです。法的には、夫婦関係における責任は夫婦間で解決されるべきであり、第三者には責任を問いにくい傾向があります。しかし、特定の状況によっては、損害賠償や離婚訴訟において相手に対して法的手段を取ることができるかもしれません。

具体的な状況に応じて、以下の点が考慮されるかもしれません。

●慰謝料の請求

日本の法律では、夫婦間で精神的な苦痛が生じた場合に慰謝料を請求することができる場合があります。

●離婚手続き

浮気が離婚の原因になるかどうかは法的な要素が絡みます。離婚を考える場合は、弁護士と相談することが重要です。

●子供の親権と養育費

子供がいる場合、離婚に伴って親権や養育費についても話し合う必要があります。これらについても法的な助言が必要です。

再度申し上げますが、具体的な状況によって異なるため、弁護士に相談することが最善の選択です。相手に対して法的措置をとる場合、的確なアドバイスを受けられるでしょう。

ポイント

あくまで一般的な情報として、ご希望に関連するいくつかのポイントが法的に考えられる可能性がありますが、具体的なケースにより異なります。以下は、可能性のあるアプローチのいくつかですが、弁護士に相談することが必要です。

●異動・退社

浮気相手に対して異動や退社を求めることは難しい場合があります。ただし、もし浮気が職場内で問題を引き起こしている場合、会社に対して相談することは考えられます。ただし、雇用関係は難しい問題であり、詳細な助言は弁護士に相談が必要です。

●慰謝料

慰謝料の請求は可能な場合があります。夫婦関係における精神的な苦痛を根拠に、慰謝料の支払いを求めることができます。

●謝罪と一筆書き

謝罪と今後の慰謝料支払いについての一筆書きを求めることも考えられます。しかし、これは法的に拘束力がある契約を作成することになり、注意深い検討と法的アドバイスが必要です。

具体的な法的手続きは複雑で、状況によって異なります。弁護士はあなたの特定の状況を考慮し、最善の戦略を提案することができます。可能であるかどうか、そしてどのように進めるかについての正確な情報を得るために、信頼できる法律専門家に相談してください。

ご質問が解決の手助けになり、お役に立てたことを嬉しく思います。何かサポートが必要な場合は、いつでも相談してください。お力になれることがあれば幸いです。あなたの幸福を願っています。頑張ってください!🤭

アスト探偵事務所の乾でした。


アスト探偵事務所なら

無料お試し調査+無料のサポート=赤字にならない。

問題解決するまで、無料サポートします。

初めて奥様最適


以上、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。🤭

thank you very much.


アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

Location 〒540-0025 Tokui Building 303, 2-2-14 Tokuicho, Chuo-ku, Osaka

電話番号 06-6809-5214 FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

重要事項説明書

Important matter manual

公安委員会 

Public Safety Commission

第62130955号

No. 62130955

アスト探偵事務所は、公安委員会より正式に探偵事務所の営業許可をいただいております。日本全国の方から相談・依頼を受けられます。浮気調査、素行調査、行動調査、身元調査、身辺調査、結婚調査、人柄調査、信用調査、勤務先調査、行方調査、人探し調査、住所特定調査、盗聴器・盗撮器の発見、ストーカー調査、いじめ調査、トラブル調査をさせていただくことが出来ます。

The Asto Detective Agency has been officially licensed to operate as a detective agency by the Public Safety Commission. You can receive consultations and requests from people all over Japan. Infidelity investigation, background investigation, behavior investigation, background investigation, personal background investigation, marriage investigation, personality investigation, credit investigation, workplace investigation, whereabouts investigation, person search, address identification investigation, detection of wiretap/camera device, stalker investigation, We can conduct bullying investigations and trouble investigations.

コメント